髪の毛を気にする男性
  • ホーム
  • フィナステリドは毎日同じ時間に服用する

フィナステリドは毎日同じ時間に服用する

薬を飲んでいる男性

男性型脱毛症と呼ばれるAGAになると、徐々に薄毛が進行していきます。
AGAは病気ではありますが、身体的に大きな影響を及ぼすことはありません。
ですから、薄毛が気にならなければ、特別対策を立てる必要はありません。
しかし、最近では内服薬を服用するだけで、AGAを改善させることができるので、もし薄毛が気になる人は、内服薬を服用することも考えてみてもよいかもしれません。
このAGA治療薬の主な成分としては、フィナステリドと呼ばれる成分となります。
このフィナステリドは、AGAの原因とされるホルモンが増えるのを防ぐ作用がありますから、フィナステリドを服用することによって、薄毛の進行を止めることができるようになります。
また、人によっては、かなり薄毛が改善され、太くてコシのある髪の毛が生えてくる場合もあります。
フィナステリドの服用方法としては、説明書などを読んでみると、1日に1度1mgを服用することと記載されています。
ですから、自分が気づいたときに服用すればよいということになります。
しかし、できればフィナステリドは毎日同じ時間に服用した方がよいと考えられます。
その理由としては、まず時間を決めることで飲み忘れを防ぐことができるからです。
フィナステリドを1日飲み忘れたからといって、特別薄毛の状態に影響を与えることはありませんが、長期的に服用することになるので、習慣化してしまった方が楽に続けることができるということがいえます。
次に、毎日同じ時間にフィナステリドを服用することによって、血中濃度を安定させることができるということがいえます。
薬を服用すると徐々に血中濃度にも変化が起きますが、毎日決まった時間に服用していれば、血中濃度が安定するようになり、身体への影響を抑えることができます。