髪の毛を気にする男性
  • ホーム
  • フィナステリドの副作用とは?

フィナステリドの副作用とは?

鏡を見て、髪を気にする男性

フィナステリドは男性型脱毛症の薬として人気があります。
しかし、薬はどんなものでも副作用があります。
フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、使用者から「毛が生えた」という報告が相次いだため、育毛薬として開発されたという経緯があります。
男性ホルモンの働きを抑える効果があるため、男性の性機能面において副作用が出る可能性があります。
性欲減退、勃起機能の低下、精子減少などが1~2%の割合で報告されています。
男性機能の低下はあるかもしれませんが、妊娠や出産には影響がないとされています。
他にもホルモンの分泌量の変化を招くため、うつなどの精神的な症状の報告も約1%あります。
一番注意しなければいけないのは、女性です。
フィナステリドは男性型脱毛症の薬のため女性が服用するケースはほとんどありませんが、パートナーや家族が使用している場合、女性はフィナステリドに触れることも避けた方が良いと言われています。
妊娠する可能性があったり、妊娠している場合、もともと少ない男性ホルモンがさらに減少してしまうため、お腹の中の赤ちゃんが男児だった場合には男性機能の発達が阻害されてしまいます。
同様に思春期を過ぎるまでの男児もフィナステリドに触れることがないように注意が必要です。
「触れるくらいなら大丈夫じゃないか?」と思われるかもしれませんが、薬は服用して吸収されるだけではなく、皮膚からも経皮吸収されてしまいます。
特に錠剤が割れた状態の場合、粉末が飛散して知らないうちに女性や男児が触れてしまう可能性もあります。
フィナステリドを服用するときには、自分だけがわかる場所にしまっておいたり、誰も来ないところで服用して家族に影響が及ばないようにすることが重要になってきます。