髪の毛を気にする男性
  • ホーム
  • フィナステリドと血圧降下剤ミノキシジルの違いと安さ

フィナステリドと血圧降下剤ミノキシジルの違いと安さ

髪に関して心配する男性

男性型脱毛症は多くの男性が悩まされる脱毛症であり、若くして発症してしまう人もいます。
それによってM字脱毛やO字脱毛が起こってしまい、見た目にも悲しい状況になってしまいがちです。
そのため、男性型脱毛症となってしまった場合にはその治療を行っていきたいという人が多くなっています。
その方法の一つとして注目されているのが発毛であり、治療薬を使用していくことによって発毛を促すというアプローチが取られています。
その中でも頻用されている薬が似種類があります。
フィナステリドはその一つとして、男性型脱毛症の原因とされているジヒドロテストステロンの生成を抑制することによって発毛を促進することができるとされています。
もう一つがミノキシジルであり、以前は血圧降下剤として使用されていたものです。
ミノキシジルは頭皮における血管の拡張作用が大きく、頭皮に血流を促すことによって頭皮の状態を改善すると共に、十分な栄養を与えることで発毛を促すというのがメカニズムとされています。
こういった二種類の治療薬があるとどちらが安いかと考えるものでしょう。
フィナステリドもミノキシジルも先発品を用いる限りは値段にほとんど差がないのが現状であり、どちらを用いてみても良いでしょう。
後発品ともなると価格競争が激しいということもあって先発品よりは安いのが確かですが、やはり両者での値段の違いはほとんどありません。
フィナステリドとミノキシジルは作用メカニズムの違いもあることから併用することもできます。
より高い効果を得て男性型脱毛症を改善したいと思ったらフィナステリドとミノキシジルを安い値段で手に入れて併用するというのも効果的な発毛への取り組みとなるでしょう。
ミノキシジルはフィナステリドと併用することで効果を高められるので、通販でミノキシジル配合薬を購入してフィナステリドとあわせて使用してみましょう。