髪の毛を気にする男性
  • ホーム
  • がんにも使われるフィナステリドとバイオテック

がんにも使われるフィナステリドとバイオテック

鏡を見て、髪に悩んでいる男性

フィナステリドはもともと前立腺疾患に使われていた医薬品であり、前立腺肥大からがんにまで服用されます。
がんに使われると聞くと、怖いイメージがわきますが、男性型脱毛症に使われる量と比較するととても少ないですので、心配する必要はありません。
多く服用すれば男性型脱毛症に効果が高くなるわけではありませんので、1日1回決められた用量を服用するようにしてください。

また服用していると前立腺がんを示す腫瘍マーカーが低くなる傾向がありますので、健康診断や人間ドックを受ける時は医師に服用しておくことを伝えてください。
また女性は触れることさえも禁止されている医薬品ですので、服用はもちろん取扱いには中止しなければいけません。
副作用が少ない医薬品ですので、多くの男性が服用できる画期的な薄毛改善薬としてフィナステリドは知られています。

薄毛を改善する産業がたくさんありますが、その中でも育毛発毛サロンとしてバイオテックは有名です。
良い野菜は土からのように、良い発毛は頭皮が良くなければなりません。
頭皮環境にも気を付けて育毛と発毛を施すのがバイオテックです。
1日の積み重ねが結果を出しますので、継続を続けなければなりません。

フィナステリドのように男性ホルモンの阻害に着目した育毛発毛理論もありますが、費用が高いのがひとつのデメリットになります。
総合的に深くするとバイオテックとフィナステリド、どちらが取り組みやすい薄毛改善策なのかというと、それは後者になります。
ただし結果については、こればかりはやってみないとわからないことも多いです。
それほど薄毛治療というのは、個人差があります。
信じたものを続ける強い精神力が求められる治療です。